オービックビジネスコンサルタント(OBC)は7月27日、「勘定奉行クラウド」とYKプランニングの経営支援型会計クラウドサービス「bixid(ビサイド)」が連携を開始したと発表した。

「勘定奉行クラウド」と「bixid」の連携

 OBCでは、クラウドによる業務環境を積極的に推進し、「奉行クラウド」によるクラウド会計の実現によって、顧客企業と会計事務所の業務の双方を支えていくため、さまざまな取り組みを行っている。今回の連携は、その第1弾として、勘定奉行クラウドのクラウド会計の環境に、経営支援型会計クラウドサービスのbixidをAPIで連携することで、勘定奉行クラウドから会計データの作成・チェック・修正の自動化を実現する。

 具体的には、勘定奉行クラウドに登録される日々の仕訳データをbixidに自動同期し、bixidでAIを活用して会計データ(試算表・仕訳・消費税)を自動チェック。bixidで修正した仕訳データを勘定奉行クラウドに自動同期を行うことにより、クラウドサービスを通して、会計事務所へ効率的に会計報告や経営分析が可能となる。

 さらに、会計事務所の会計データの作成・チェックといった「監査業務」と、顧客企業への「状況報告」、経営計画を中心とした「経営支援」、これらの顧客企業向けサービスの多くを会計事務所が合理的に一気通貫できる環境を提供し、未来会計を推進していく。

 今後は、OBC会計人パートナー制度「A'SO'S」1400事務所を通じて、顧客企業が抱える複雑化、高度化するさまざまな課題へのスピーディーな対応を可能にし、会計人と顧客企業のより強固なパートナーシップの構築と発展を支援していく。