NTTドコモは10月1日、国際間で安心してクラウドを利用できる「5Gクロスボーダー基盤(5G X-Border Platform)」を構築したと発表した。

国際遠隔作業支援の実施イメージ

 5Gクロスボーダー基盤では、NTTドコモのネットワーク内に設置したクラウド基盤「ドコモオープンイノベーションクラウド」と、海外オペレーターの5Gネットワーク網を専用ネットワークを経由して直接接続することで、オープンインターネットから遮断された国際閉域通信を実現する。

 同プラットフォームを活用して、まず日本からタイの作業現場に対し作業指示を出すことができる国際遠隔作業支援ソリューション「グローバル向け AceReal」のプレサービスを、10月15日から法人の顧客向けに期間限定で提供する。

 このソリューションにより、国際間でも作業現場を遠隔支援することができる。タイにいる作業者は、ARスマートグラスを装着し、作業現場の映像や音声を日本にいる支援者にリアルタイムに伝送する。日本にいる支援者は、受信した映像や音声をもとに、タイにいる作業者が必要とするマニュアルや作業指示を書いた現場画像などをARスマートグラス上に表示させ、音声だけでなく視覚的に作業の指示を行うことができる。主に製造業での製品の保守メンテナンス業務や、電気・ガスなどインフラ業での設備点検業務などに活用することができる。

 同社では、今後も5Gクロスボーダー基盤対応の5Gソリューションを順次拡大していく方針。