NECは、HCI(Hyper Converged Infrastructure)専用モデル「NEC Hyper Converged System」で、初期費用を抑えて導入できるサブスクリプションサービスとBCP対策強化を支援するクラウドバックアップソリューションの販売を10月19日に開始した。

ソリューションの導入メリット

 今回新たに提供するサブスクリプションサービスは、HCI専用モデル「NEC Hyper Converged System for VMware vSAN」を、システム構築から保守までを月額サービスとして利用できる「NEC Hyper Converged System ベンダファイナンスプログラム」として提供するもの。また、自然災害などによる障害時にITシステム・データの継続性強化を支援する「NEC Hyper Converged System クラウドバックアップソリューション」を用意した。

 NEC Hyper Converged System ベンダファイナンスプログラムは、NEC Hyper Converged System for VMware vSAN、ITシステム構築と保守業務までをまとめて提供するサブスクリプションサービス。これにより、初期投資を抑えて資産保有を不要とすることで、収益の安定化を支援する。

 また、本体に実装している専用管理ツール「NEC Hyper Converged System Console」を強化し、ソフトウェアバージョン更新作業の自動化、クラスタノード拡張作業の自動化、レポーティング機能における将来リソース予測機能の搭載により、作業工数を従来比約6~9割削減するなど、柔軟にスケールアウトしていくITシステム環境の運用効率化に貢献する。

 NEC Hyper Converged System クラウドバックアップソリューションでは、データの遠隔バックアップをパブリッククラウドに行う。データ破損やシステム障害時にはオンプレミス環境のバックアップを利用し、自然災害など緊急・災害時にはクラウドのバックアップを利用することで効率的な障害対応が可能となる。

 また、クラウドへのバックアップ容量は1TB単位から利用できるため、スモールスタートでBCP対策を行うことができる。さらに、バックアップストレージソフトウェア「NEC HCI Backup Option」では、クラウド環境へのレプリケーションの際、転送するデータの重複排除・圧縮と通信経路の暗号化によって、通信量の抑制とセキュアなデータ管理が可能となる。

 NECでは、これらにより、クラウドサービスを有効活用したBCP対策の強化やオンプレミス環境でもクラウド環境のような柔軟なシステム拡張や運用管理の効率化を支援し、New Normal時代の変化に柔軟に対応でき、安定稼働するITシステムの構築を支援していく考え。

 税別価格は、NEC Hyper Converged System ベンダファイナンスプログラムが個別見積もり。NEC Hyper Converged System クラウドバックアップソリューションが132万4800円から、月額3万7000円から、初期費用10万円。NEC Hyper Converged System for VMware vSANが732万3400円から。