京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は10月21日、サムスン電子と日本国内でのローカル5Gソリューションの提供に向けて協業すると発表した。


 この協業によってサムスン電子は、ローカル5G基地局設備に加え、より効率的なローカル5Gネットワークの構築と運用を支援するクラウド型コアネットワーク、リモート管理機能を提供する。KCCSは、基地局の設置工事/免許申請支援からネットワーク構築、アプリケーションまで、ローカル5Gソリューションを提供する。

 また、両社の共同プロジェクトとして、日本国内の製造施設にローカル5Gネットワークを構築し、スマートファクトリーの実現に向けた高速・大容量無線ネットワークソリューションの実証を行う予定。

 KCCSは、長年にわたるセルラーネットワーク構築とシステムインテグレーションのノウハウをベースに、サムスン電子の韓国や米国での5G商用サービスの技術を活用し、日本国内でのローカル5Gの可能性を検証、各産業分野への高度ネットワーク活用に貢献していく方針。