キヤノンマーケティングジャパングループのエーアンドエーは、設計・デザインで必要な新しいリソース「マテリアル」を搭載し、インターフェースの改善によって作業効率が向上したCAD・BIMツールの最新バージョン「Vectorworks 2021」を21年1月13日に発売する。

Vectorworks 2021

 Vectorworks 2021は、2D、3D、データベース、高品質レンダリングなど豊富な機能を搭載した設計・デザインのためのワンストップアプリケーション。BIM・3Dデザインを可能にする建築・インテリア設計向け「Vectorworks Architect」、造園設計向け「Vectorworks Landmark」、舞台照明設計向け「Vectorworks Spotlight」など専門分野別のラインアップにより、BIM・建築・インテリア、造園・外構、舞台照明の設計業務をさらに効率化する。2D作図・編集や3Dモデリング機能、レンダリングは基本製品「Vectorworks Fundamentals」で利用できる。

 最新バージョンでは、建材をはじめとするあらゆる材料をマテリアルで定義でき、各種オブジェクトに割り当てることができる。壁やスラブなどの構成要素にも利用できるため、プロジェクトの一貫性が向上する。また、インターフェースの改善によって、これまでよりもマウス移動やクリック数が少なくなり、さらに直感的で素早い作図・モデリングが可能となった。

 BIM・建築設計向けパッケージ「Vectorworks Architect 2021」では、合理的なグリッド線ツールが各種ビューポートに自動で表示され、図面作成を効率化する。また、図面マーカーを刷新し、カスタマイズが可能なうえ、PDF取り出しの際には図面へのハイパーリンクとなる。さらに、Revitデータの取り出しを向上し、オブジェクトメタデータのサポートを実現した。

 税別価格は30万5000円から。