エッジAIスタートアップのエイシングは10月27日、製造業のエッジAI導入を支援するデータ解析ツールを開発したと発表した。このツールは、導入機器単体がリアルタイムに自律学習・予測可能な同社独自のエッジAIアルゴリズム「AiiR(AI in Real-time)」シリーズの導入時のデータの解析・前処理で活用できる。

エッジAIアルゴリズム「AiiR(AI in Real-time)」の分析イメージ

 AIを導入するプロジェクトでは、まず膨大なデータの適切な解析や、AIで最適な予測成果を出すためデータを学習させる前に行う専門的なデータの前処理などを行う必要がある。またこれまで、データ解析を行うには、事前の環境設定やプログラミング知識が必要だったため、専門のAIエンジニアやデータサイエンティストのみが実行可能な専門的な業務領域となっていた。

 今回開発した製造業のエッジAI導入を支援するデータ解析ツールは、エッジAI導入時の環境設定やデータ解析にかかっていたリソースやコストを大幅に短縮することができる。非エンジニア人材でも簡単にデータ解析や前処理を行うことができ、これにより、エッジAI導入に向けて取り組むメーカーに対して、エッジAIソリューションの最適な導入プロセスを提供する。

 なお、このツール開発の成果は、18年10月1日から実施してきた東京都立産業技術研究センターとの共同研究によるもの。同社では、今後もエッジAIの領域で、顧客の先進的なニーズに応えていくため研究開発を継続していく方針。