本田技研工業(ホンダ)は11月11日、自動運転レベル3に求められる国土交通省の型式指定を取得したと発表した。これにより高速道路渋滞時など一定の条件下で、システムがドライバーに代わって運転操作を行うことが可能になる。今回認可を取得した自動運行装置「Traffic Jam Pilot(トラフィック・ジャム・パイロット)」を搭載した「LEGEND(レジェンド)」は、今年度内の発売を予定。実現すれば、世界で初めてレベル3の自動運車を販売することになる。

ホンダ「LEGEND」
 国土交通省では、自動運転レベル3の市場化に向け道路運送車両法の一部を改正し、4月1日から改正法(令和元年法律第14号)を施行した。改正法では、自動運転レベル3の実用化に必要な自動運行装置が、保安基準(昭和26年運輸省令67号)の対象装置として新たに加えられている。

 ホンダは、すべての人に安心を届け、好奇心をかき立てる自由な移動の喜びを提供することを目指し、今後もさらなる安全技術の開発に取り組んでいく方針。