戸越銀座エリアマネジメントと日立システムズは、戸越銀座商店街で、商店街をはじめとする周辺地域の活性化や地域住民の利便性向上と、新型コロナウイルス感染予防対策や今後の新しい生活様式への対応を目的に、 戸越銀座ポイントの導入に向けた実証実験を行った。実証実験は11月20日、21日に戸越銀座商店街内の14店舗を対象に実施し、事前に募集した100人のモニターが参加した。

ウェブアプリ活用の実証実験

 戸越銀座ポイントは、利用客が登録を行ったうえで、加盟店でのチャージや支払いが可能なデジタル地域通貨。利用客のスマートデバイス上のウェブアプリケーションで管理される通貨により、商店街にある飲食店などでの支払いを可能とすることで、キャッシュレス決済機能を実現する。

 戸越銀座ポイントの導入でキャッシュレス決済機能以外にも、商店街で利用可能なクーポン券の発行や来店ポイントの付与や、地域貢献に寄与した遠隔地の会員へのポイント付与や加盟店へのポイント還元が可能となる。戸越銀座エリアマネジメントでは、これを活用したイベントの企画など、地域ごとの課題や時流にあったコミュニケーション活性化の取り組みが実現できる。戸越銀座ポイント導入による対象店舗へのシステムの操作説明などは日立システムズが実施し、キャッシュレス決済の導入をワンストップで支援する。

 また、戸越銀座エリアマネジメントは、戸越銀座ポイントの利用範囲を戸越銀座商店街に限定することで、地元の金融機関と連携した地域内での経済循環が可能になるほか、利用客の購買履歴などのデータを収集・活用することで、新たな集客・販促施策への活用を予定している。将来的には、チャットボット機能を活用したおすすめ店舗紹介のほか、スタンプラリーなど商店街の魅力を知ってもらう仕組みなどの新機能を導入することで、利用客が何度も訪れたくなる商店街を目指す。

 なお、戸越銀座ポイントを支えるキャッシュレス基盤には、日立製作所研究開発グループが開発した基盤を採用した。各種決済機能はAPIとして実装されており、低コストでセキュアな情報管理を行うことが可能。将来的には、生体認証を活用した本人確認などの機能を実装する予定で、チャージや支払いなどがより安全で便利になるよう拡張していく。

 今回の実証実験を通じて、戸越銀座エリアマネジメントは、利用客のサービス受容性とマーケティング効果を確認し、地域内でのコミュニケーションの活性化や経済循環の仕組みづくりを検討していく。