サイバーソリューションズは、市場調査会社である富士キメラ総研が11月17日に発刊した「2020 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧(市場編)」の調査報告で、同社が提供する「MailBase」が市場占有率27.2%(19年度実績)を記録し、12年連続でメールアーカイブソフトウェアとして国内製品で第1位の実績(富士キメラ総研「2009-2020 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」、08-19年度実績)を達成したことを11月30日に発表した。

 MailBaseは、Microsoft 365、Google Workspaceをはじめ、さまざまなメールシステム環境に柔軟に対応した電子メール監査・メールアーカイブシステム。大容量のメール環境にも対応しており、全ての送受信メールと添付ファイルを長期的に保存し、高速検索を可能にする。

 ウェブインターフェースを備えているため、管理者は高度な操作スキルを必要とせず、インターネット検索をする感覚で電子メールの適切な利用状況を監査することができる。アクセス権限や検索対象の範囲を細かく設定でき、上長が自分の部下や退職者のメールを検索し、過去の対応状況を把握することも可能。また個人での利用では、削除してしまった過去メールをMailBaseで検索し、自分のメールボックスに復元、再活用することもできる。さらに、クラウド版の「MAILBASE Σ」では、10月から「Microsoft Teams」と連携し、チャットの内容もアーカイブし、高速検索することが可能となる。

 内部統制やコンプライアンス対策のほか、企業内の個人メールの再活用にも効果的であることなどから、MailBaseは導入団体から高く評価されている。JFEシステムズ、ルネサンス、オンワード樫山、松戸市、所沢市、宝塚市、高松市、日本ペイントをはじめ、金融機関、官公庁、ISP/XSPなどのサービス事業者をはじめ国内500社以上の企業・自治体に導入されている。

 同社では、今後もより多くのユーザーに支持されるように製品の機能強化に努め、民間企業と自治体向けの案件獲得により実績の拡大、そして、さらに市場シェアを高めていくことを目指す。