ピー・シー・エー(PCA)は、同社が運営する業務系クラウドサービス「PCA会計DXクラウド」で、OSKが販売する統合型グループウェア「eValue V」とのAPI連携機能の提供を12月21日に開始する。

「PCA会計 DXクラウド」と「eValue V」がAPI連携

 システム間でAPI連携をするためには、事前にデータをマッチングする設定やAPIトークンの発行作業など、諸々の作業が必要となるが、今回、PCAの100%子会社であるケーイーシーが提供する「コネクトサービス for PCA会計・eValue」により、連携設定や運用サポートサービスをサブスクリプション型の年額サービスとして提供が可能となった。

 コネクトサービス for PCA会計・eValueは、PCA会計DXクラウドとeValue VをウェブAPIを利用して連携するサービス。PCA会計DXクラウドの勘定科目・補助科目・部門情報をeValue Vへ、eValue V ワークフローの承認済み経費精算申請書から作成した仕訳データをPCA会計DXクラウドへ連携する。

 マスタ・仕訳データの連携のタイミングは、月次・日次でのスケジュールが可能。緊急時に手動で連携も可能なため、自由なタイミングで連携ができる。導入後すぐに運用できるよう専任担当者によるリモート初期設定(API設定)と運用サポート(メール)を提供する。

 税別価格は、コネクトサービス for PCA会計・eValueの新規1年が17万円、更新1年が12万円。