日立ソリューションズは、英国のwhat3words Limitedと国内初の販売代理店契約を結び、世界中の場所を3メートル四方に区切り、それらにあらかじめ3つの単語を割り当てた「what3words」のデータベースに接続できるサービスを12月16日に開始した。

住所で特定できない場所を示すイメージ

 what3wordsは、世界中の3メートル四方の場所に3単語を割り当てることで、特定の場所を確実に共有可能にするデータ変換サービス。同サービスを利用することにより、住所では示すことが困難な山間部や施設などの場所を特定することができる。3つの単語は日常使われる言葉であるため音声入力とも親和性が高く、似た住所や、緯度経度の伝達誤りによる場所の間違いを防止できる。また、日本語を含む40カ国の言語に対応しており、世界中の人と共通の手段でコミュニケーションを実現することが可能となる。

 今回、日立ソリューションズでは、GPSなどで取得した座標(緯度と経度)と3つの単語を相互変換できるwhat3wordsのAPIを提供する。配達業務、観光案内といった地図を活用したサービスに対して、3単語で場所を示す機能を容易に追加することができる。

 同社は今後、場所にかかわるサービスを提供している企業に向けて、what3wordsサービスを販売することで、デジタルトランスフォーメーションを支援していく考え。