日立ソリューションズ・テクノロジーは9月3日、従来から幅広い分野の顧客に採用されているAI技術を用いた画像認識・音声認識のソリューションと製造現場向けのソリューションを、新常態(ニューノーマル)を支えるソリューションとして新たに体系化したと発表した。

製造ソリューションと協働ロボットを活用した新常態の製造現場イメージ

 昨今、新型コロナウイルス感染症拡大による社会情勢の変化を受けて、企業活動では従業員と取引先や顧客に安心・安全な環境を提供しつつ、事業の維持、拡大が重要となっている。感染症予防のためには、非接触、三密回避、リモート実行は不可欠で、また、これらは感染終息後には新常態(ニューノーマル)になると想定され、これらを実現する仕事の仕方や仕組みの変革が急務となっている。

 こうした状況のなか、日立ソリューションズ・テクノロジーでは保有するソリューションや技術で、接客現場、製造現場など、様々な場面での新常態(ニューノーマル)の対応をサポートする。今回、新常態(ニューノーマル)を支えるソリューションとして新たに体系化したのは、「画像認識エッジソリューション」「音声ソリューション」「製造ソリューション、協働ロボット活用ソリューション」の3つ。

 画像認識エッジソリューションは、独自のディープニューラルネットワーク技術により、単眼カメラの画像からリアルタイムに人物を検知し距離を測定することができる。商業施設、オフィス、作業現場などでの混雑状況、入退場の人員数、人流を自動で測定し、その結果を利用者や施設管理者へリアルタイムに通知することにより、密接・密集状態の回避やクラスタの発生予防を図ることが可能となる。さらに、混雑度や人流のデータをクラウド上で解析することで、時間帯別の混雑度予測なども可能となり、施設管理者は施設の感染予防対策に役立てることができる。また、設置するカメラをサーマルカメラにすることで検出する人物の体温測定も可能となり、感染の可能性がある人物に警告を発することもできる。

 音声ソリューションは、各種音声ソフトウェア(音声認識・合成、文字書き起こし、多言語翻訳)により、音声を使った機器操作やガイダンスを実現することができる。商業施設などで対面やタッチパネルで行う案内や受付業務を自動音声でガイドすることにより、非対面・非接触な接客を実現し、利用者と担当者の感染リスク低減を支援する。また、介護現場で音声ソリューションによる記録帳票作成やスタッフ間の情報共有を支援するハンズフリーシステムの実証実験を開始している。このシステムにより作業効率向上やペーパーレス化に加え、ソーシャルディスタンスを維持しながらも、介護スタッフ間の円滑で効率的なコミュニケーションを図ることができる。

 製造ソリューション、協働ロボット活用ソリューションでは、製造現場で、作業の一部を協働ロボットで置き換えることで省人化を図るとともに、作業員の密接・密集防止対策を実施することができる。また、遠隔監視機能により、協働ロボットや設備装置の稼働状況をスマートフォンや自宅PCからも確認でき、さらに設備装置への段取り換え指示や加工条件指示を自動またはリモートで実行可能。これにより従業員の接触機会を減らし、同時にペーパーレス化にも対応できる。