OSKは、ジェネクサス・ジャパンと、高速開発ツール「GeneXus(ジェネクサス)」によるローコード開発ビジネスのソフトウェア開発パートナー契約を取り交わした。

開発事例

 近年、急激なビジネス環境の変化に対応するため、多くの企業がDX導入に取り組み、IT活用による生産性向上を目指している。しかし、スピード感のある対応が求められる上、アプリケーション開発現場では、ウェブ開発の複雑化、開発コストの高騰、要件変更による手戻りなど、さまざまな課題を抱えている。

 そこで、OSKではGeneXusを使った超高速開発ソリューションを提供。GeneXusは、システム開発に必要な要件を定義するだけで、自動でデータベースを構築し、プログラムを生成することができる。コード記述が少ないため、開発スケジュールの短縮を実現する。

 これによって、維持管理に苦慮するレガシーシステムのマイグレーションをはじめ、各種システムのウェブフロント開発やモバイル対応、OSKの基幹業務システム「SMILEシリーズ」と連携するシステムの開発などを、短納期に費用を大幅に抑えて対応する。DX導入検討企業のさまざまなニーズに柔軟に応える受託開発で、企業競争力の向上を支援していく。