パナソニック システムソリューションズ ジャパン(パナソニック)とクマヒラは、世界最高水準の顔認証技術を提供するパナソニックの「顔認証APIサービス」を活用し、シリンダー鍵などの物理的な鍵の管理を非接触でストレスフリーな顔認証で実現する、顔認証・鍵管理サービスの事業化に向けて開発、製造、販売を共同で推進・開始する。昨年7月にパナソニックが発表した「現場センシングソリューション」の事業戦略でのパートナーとの事業共創の一環となる。

顔認証・鍵管理サービスの利用イメージ

 近年、オフィス・ビルで電気錠・ICカードやスマートロック、生体認証などの普及によるキーレス化が進む一方で、非常時の対応用としては従来のシリンダー鍵などの物理的な鍵が使用され続けている。また、コストや利便性の点からキーレス化に適さない鍵も多く存在し、鍵の厳正な管理が求められている。

 クマヒラでは、こうした鍵の管理に向けて、鍵管理機を用いた「鍵管理システム」として提供することで自動化しているが、本人照合時間の短縮化と本人確認の厳正化、また「鍵の保管」「利用者の制限」「履歴の記録」といった管理の無人化が喫緊の課題となっていた。

 一方、パナソニックはICカードレス入退室などの現場で世界最高水準の顔認証技術を提供しており、今回、外部サービス(システム)との連携を可能にする「顔認証APIサービス」を活用し、クマヒラと共同で新たなサービスの事業化に向けて開発、製造、販売することで、これまで提供が困難な現場でも非接触でストレスフリーな顔認証の利用を実現する。

 両社は、これまでセキュリティ関連の販売パートナーとしてネットワークカメラやセキュリティゲートとの連携を推進してきたが、今後は顔認証・鍵管理サービスの事業化を契機に両社がもつの製品群との連携をさらに強化し、共創によって企業の顧客へ安全性・利便性を提供し、ビジネスの成長をサポートしていく方針。