パナソニックi-PROアイプロセンシングソリューションズ(i-PRO)は、AIプロセッサー搭載ネットワークカメラ(AIネットワークカメラ)の機能拡張ソフトウェアとして、人の混雑・行列状況を検知する「AI混雑検知アプリケーション」を3月に発売し、パナソニック システムソリューションズ ジャパンを通じて販売する。

AI混雑検知アプリケーション

 AI混雑検知アプリケーションは、AIネットワークカメラのエッジ処理によってカメラ単体で特定エリアの混雑・行列状況を検知することができる。また、映像監視ソフトウェアWV-ASM300(W)やWJ-NXシリーズのネットワークレコーダーとも簡単に接続・連携し、トータルな映像監視運用も可能となる。

 さらに、検知した結果を業務放送やデジタルサイネージなどのシステムと連携することで、音声とともにモニター画面での注意喚起を行うことができる。政府が示す三密回避の対応として、飲食・小売店舗、銀行、工場・倉庫など様々なシーンで、少人数での店舗運営や効率的な入場管理などの業務効率化を支援する。