KDDIと会津大学は3月29日、5GやIoTなどの先端技術による地域活性化、人材育成を目的とした連携協定を結んだと発表した。

 具体的な取り組みとして、5Gを活用した遠隔教育などによるイノベーション人材や起業家の育成、地域課題解決に取り組む地域企業やスタートアップ企業との連携・支援、5GやIoTを用いた地域活性化の共同研究を行う。

 KDDIは2030年を見据えてSDGs「KDDI Sustainable Action~私たちの『つなぐチカラ』は、未来のためにある~」を策定。SDGsの達成に向け、地方創出および教育事業に取り組んでいる。今後も、人材育成、ICTを活用したビジネスの知見やファンドを軸に地域企業のサポート、教育における地域格差を解消するための環境整備を進めていくという。