コニカミノルタ(山名昌衛社長)は10月28日、KDDI(髙橋誠社長)とNEC(新野隆社長)とともに5G技術を活用した新規ビジネス共創を目的に「ハイブリッドの5Gオープンラボ」を11月6日より開設すると発表した。

Innovation Garden OSAKA Center
 
ハイブリッドの5Gオープンラボ

 同オープンラボはコニカミノルタが大阪府高槻市に所有する「Innovation Garden OSAKA Center」で開設する。施設内にはKDDIによるau 5G基地局を設置するとともに、NECがローカル5Gのネットワーク装置を設置。コニカミノルタがローカル5G免許を取得したことで、同オープンラボはキャリア5Gとローカル5Gの両方をそろえた“ハイブリット”な開発環境を有する施設となる。

 KDDIはクラウド基盤を提供し、NECはAIを中心としたICT技術を提供していく。コニカミノルタが持つ画像IoT技術と組み合わせることで製造現場や医療・介護、農業、エンターテインメントなど幅広い分野での新たな価値を追求していく。

 今後、同オープンラボでは一般的なオフィスや工場など、屋内外における連携を想定した5G活用の実証実験を行っていく。コニカミノルタとパートナーのノウハウと技術を集積させ、実用化に向けた共同実験の場として、パートナーや研究機関に同施設を提供していく考え。(銭 君毅)