香川大学とネットワンシステムズは4月7日、情報セキュリティ人材の育成を目的に共同開発した情報セキュリティ教育プログラムについて、香川大学創造工学部で実際に利用しながら新型コロナウイルス感染症対策を考慮し、デジタルトランスフォーメーション(DX)の観点から強化したと発表した。同教育プログラムは、引き続き香川大学創造工学部で利用する。

 香川大学創造工学部では、情報セキュリティ人材育成のために18年4月に「情報システム・セキュリティコース」を新設し、情報セキュリティ人材不足の解消を目指して、さまざまな教育・研究活動を実施している。最新の情報セキュリティに関する技術をもつネットワンシステムズとの情報セキュリティ教育プログラムの共同開発を通じて、実践的なスキルを有した情報セキュリティ技術者の育成を目指している。

 今回、機能強化した情報セキュリティ教育プログラムは、香川大学創造工学部の「情報システム・セキュリティコース」の3年生約40人を対象に、情報セキュリティ倫理や情報セキュリティ技術の基礎を学ぶ「情報セキュリティI」と、ネットワークセキュリティ、攻撃対策を演習形式で学ぶ「情報セキュリティII、情報セキュリティ演習」を実施する。

 具体的には、ネットワンシステムズの教育サービスである「ネットワークアカデミー」の講師とともに、「情報セキュリティI」の授業を5回実施する。さらに、ネットワンシステムズのネットワークエンジニアの講師とともに、実機のネットワーク機器を用いた実践的な情報セキュリティ演習を「情報セキュリティII、情報セキュリティ演習」で6回実施する。

 これらは、新型コロナウイルス感染症対策を考慮し、オンラインでの座学、演習を実施できるようにする。特に、実機による演習に関しては、ネットワークシミュレータを活用することにより、実機での演習とほぼ同じ体験が可能となっている。