アイネットは、ネオジャパンとの共同事業として学校と保護者間の安心・安全・安価・シンプルなコミュニケーションツール「ChatLuck SC(チャットラック エスシー)」の提供をクラウドサービスとして6月16日に開始した。

ChatLuck SC

 ChatLuck SCは、パソコン、タブレット端末、スマートフォンを活用し、学校から保護者に向けリアルタイムの通知・連絡、アンケートの実施・回収、また保護者から学校に向けて遅刻・欠席連絡などを迅速に行えるコミュニケーションツール。コロナ禍でさらにニーズが高まる「学校からの迅速な情報発信」や「学校と保護者間での緊密なコミュニケーション」の実現、教育現場でのDX化促進を支援する。

 主な特徴は、「全校、学年、クラス、部活動、PTA、教職員間の単位で一斉に通知と連絡が可能」「パソコン、タブレット端末、スマートフォンのマルチデバイスに対応(Windows、iOS、Android OS)」「教職員から保護者まで誰もが直観的に使えるシンプルな画面と操作性」「保護者との連絡をチャットで行うことでメールアドレスの管理が不要」「安価な導入・維持費」など。

 共同事業については、アイネットが日本国内に設置している自社データセンター内のクラウド基盤上でアプリケーションを運用するとともに、サービス事業者として地域の販売店を通じ全国の国公立小中学校に販売を行う。ネオジャパンは、ビジネスチャット「ChatLuck」をベースに開発した専用スマートフォンアプリとサーバーアプリケーションをアイネットに提供する。