大興電子通信は6月18日、河淳(KEYUCA)の顧客管理システムを全面刷新したと発表した。

 河淳は従来から運用していた店舗POSシステムと、新たに立ち上げたECサイトが別々のシステムで稼働していた。さらに、スマートフォンアプリはパッケージソフトを導入したことも重なり、システム間の情報連携がスムーズに行えず、効果的な販売促進活動に結びつかないという課題があった。

 今回の新顧客管理システムでは、異なるベンダーが開発したそれぞれのシステムはそのままに、データを連携することで一元管理が可能となった。具体的には、店舗とECサイトの顧客ポイントをデータ統合するとともにスマートフォンアプリとも連携し、顧客情報の一元化を図った。これにより、顧客満足度の向上と機会損失の減少を実現した。

 今後は、集積したデータを商品開発や品揃え、商圏分析など、あらゆるマーケティングに生かし、商品を使用するイメージやストーリーを動画などの多角的な表現で情報発信していく予定。また、顧客情報を店舗設計や出店計画に活用し、中長期的に店舗運営の基礎作りを進めていく。