ニュース

エクセルソフト、デバイスドライバ開発ツールの最新版「WinDriver v14.70」を販売

2021/06/22 15:21

 エクセルソフトは、Jungo ConnectivityのUSB/PCI/PCI-Express向けデバイスドライバ開発ツールの最新版「WinDriver v14.70」の日本国内での販売を6月15日に開始した。

 WinDriverは、USBとPCI/PCI-Expressのデバイスドライバをユーザーモードで開発できるツールキット。ドライバを開発するにあたり、OSの内部構造またはカーネルレベルのプログラミングの知識を必要としない。Windows 10/10 IoT Core/Server 2016/8.1/8/Server 2012 R2/2012(x86 32bitまたはx64 64bit)、Linux、macOSに対応し、WinDriverで開発したコードは対応するOS間で互換性がある。また、常に最新のOSをサポートするようにアップデートを行っている。

 短期間でドライバ開発を行うことができるウィザードによるグラフィカルな開発環境、API、ハードウェア診断ユーティリティ、サンプルコードが含まれる。WinDriverのカーネルドライバが、ハードウェアへのアクセスを提供するため、インストール後、すぐに対象のデバイスと通信が可能。PCI/PCI-Express版では、汎用的なボードのサポートに加え、主要なチップベンダー(Xilinx/PLX/Alteraなど)に対して拡張サポートを提供し、FPGA搭載のPCI-Expressボードの割り込み処理やDMA転送などを実装するドライバをユーザーモードで開発できる。

 今回の新バージョンでは、対応OSにmacOS 11(Big Sur)を追加し、Linux ARM64向けに、開発ボードNVIDIA Xavier AGXとNVIDIA Xavier NXのサポートを追加した。また、Intel Altera Avalon Memory Mapped(MM)DMA IP、Samples+Code Generationのコードを追加したほか、新しいWinDriver共有ライブラリー(wdapi_netcode)+PowerShellサンプルをWindows、Linux、MacOSで実行できるように.NET 5のサポートを追加した。
 
  • 1

関連記事

エクセルソフト、ソフトウェア構造分析ツールのRe:Zolver製品セミナー開催へ

エクセルソフト、ハイパフォーマンス・ソフトウェア・カンファレンスで第3回目のオンライン講演

エクセルソフト、「TestComplete」のハンズオンセミナーをオンラインで開催

外部リンク

エクセルソフト=https://www.xlsoft.com/jp

「WinDriver」=https://www.xlsoft.com/jp/products/windriver/products.html

おすすめ記事

 
 

『週刊BCN』デジタル版 無料進呈キャンペーン

無料会員登録で6号プレゼント!!【9/30まで】

× ◆無料会員登録はこちらから>>