富士通は、NTTドコモとデジタルトランスフォーメーション(DX)推進やイノベーション推進を目的としたソリューションの実現に向けて、ローカル5Gとパブリック5Gの相互接続可能なネットワーク(ハイブリッドネットワーク)の構築と有効性の検証などを進めることで合意した。

ハイブリッドネットワークによる相互接続イメージ

 この取り組みでは、富士通の「FUJITSUコラボレーションラボ」とNTTドコモの「ドコモ5G オープンラボ」をシームレスに相互接続できるハイブリッドネットワークを実現する。富士通は、NTTドコモと共同で、ハイブリッドネットワークを活用してDXソリューションの開発とその提供を行い、顧客の製造現場をはじめとする産業分野でのデジタル化、スマート化に寄与する。