日本マイクロソフトとパーソルイノベーションは7月19日、日本のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進を目的に、リスキリング(学び直し)領域で協業を開始すると発表した。この取り組みでは、7月1日にパーソルイノベーションが提供を開始した、法人向けオンラインコーチングサービス「学びのコーチ」をリスキリングのプラットフォームとして活用する。


 日本マイクロソフトは、デジタル人材の育成を継続的に推進し、23年までに15万人のクラウド&AIに関する認定資格取得者の創出を予定している。今回の協業を通じて、25年までに高度デジタル人材を新たに2万人の創出を目指す。日本マイクロソフトとパーソルイノベーションは、今回の協業をきっかけに連携を強め、日本のDX推進に向けた支援を進める。

 具体的には両社の強みを生かし、(1)コーチングを通じた「学び」、(2)コミュティを通じた「学び」、(3)より良い「学び」の研究――と三つの取り組みを軸に「テクノロジー×人の力」で従業員のリスキリングを実現し、日本のDXを推進できるデジタル人材を創出していく。

 コーチングを通じた「学び」では、「学びのコーチ Microsoft Skilling Partner プログラム」を提供。パーソナライズされたキャリアコーチングとラーニングカリキュラムで、高度クラウド人材の育成をリードしていく。

 コミュティを通じた「学び」では、日本マイクロソフトの提供するゲーミフィケーションを取り入れた無償のラーニングプログラム「クラウドスキルチャレンジ」を利用したラーニングコミュニティを学びのコーチと連携することで活性化を目指す。

 より良い「学び」の研究では、キャリアの体系的な解説を通じてキャリアコーチングの効果を高めるため、学びのコーチのキャリアコーチングのノウハウと日本マイクロソフトのもつスキリングノウハウを活用し、キャリアの体系化開発のために協働していく。