エイトレッドは7月27日、調査会社のアイ・ティ・アール(ITR)がまとめた「ITR Market View:RPA/OCR/BPM市場2021」の結果から、2020年度のワークフロー市場全体で売上シェア(パッケージとSaaSの売上金額を合計した20年度の実績)1位を獲得したと発表した。

 発表によると、市場の活性化で競争性が高まる中、競合他社がパッケージ製品の大型案件の減少や案件ペンディングなどで苦戦する一方、中小企業向けワークフロークラウドサービス「X-point Cloud」の売上実績が前年度比30.9%増となり、SaaS型ワークフロー市場で、16年度から21年度(予測)の6年連続でシェア1位になった。中堅・大手企業向けワークフローパッケージ「AgileWorks」の売上実績も同比24.1%増と伸び、ワークフロー市場全体でシェア1位となった。

 売上規模別市場シェア(パッケージとSaaSの売上金額合計)では、年商10億円~100億円未満と年商100億円~500億円未満の両方で、18年度~21年度(予測)の4年連続で1位となり、中堅中小企業向けSMB市場でもトップシェアになった。

 同社は、パートナー経由で各製品の販売を進めており、共同セミナーの開催や受注率向上に向けた営業・SE支援などを通じてパートナーとの連携を強化している。同社の岡本康広社長は、AgileWorksとX-point Cloudの両製品の売上実績が拡大した要因について「販売パートナーの提案・販売活動が好調だったことも影響している」と分析している。