NTTドコモとNTTデータは8月30日、NTTドコモが提供するAIによる自動応答電話ソリューションサービス「AI電話サービス」に新たに金融業界向けパッケージを追加し、提供を開始した。

金融業界向け「AI電話サービス」パッケージプラン

 今回の金融業界向けパッケージでは、コールセンター業務の中で特にニーズの高い「手続き資料送付の案内」や「未納のある顧客への架電」業務に対応した会話シナリオを用意した。銀行、証券、クレジットカード、生命保険、損害保険会社それぞれのユースケースに対応した定型シナリオをそのまま使用することで、導入期間の短縮や導入コストを軽減できる。また、業務にあわせた定型シナリオのカスタマイズにもシナリオ開発チームが対応する。

 このパッケージを活用することで、例えば口座開設やクレジットカード再発行などの手続き書類送付に必要な確認をAI電話サービスが顧客と会話をしながら自動で完了することができる。さらに、業務管理システムであるCRM(Salesforce)や業務プロセスを自動化するRPAツール「WinActor」との連携で、架電リストの作成から自動架電、対応結果の保存、再架電など電話応対だけにとどまらない一連のコールセンター業務の効率化も可能となる。

 なお、AI電話サービスでは、顧客との会話で生じた情報をNTTドコモの国内データセンタで暗号化したうえで管理している。

 税別価格は、初期費用が100万円から(AI電話サービス初期設定、定型シナリオを含む)、月額料金が10万円から(トラフィック、最大同時接続数に応じて見積もり)となる。