さくらインターネットと九州工業大学は8月30日、産学連携に関する包括連携協定を結んだ。両者はこれまでにも学生教育などで協力してきたが、関係をさらに発展させ、人材の相互交流やインターンシップの実施、施設・研究資料の相互利用などの領域で連携体制を構築する。学術の発展や新技術の創出、社会をリードするIT人材の育成を目指す。
 
さくらインターネットの田中邦裕社長(右)と九州工業大学の尾家祐二学長

 同日、オンラインで調印式が行われ、さくらインターネットの田中邦裕社長、九州工業大学の尾家祐二学長が協定書にそれぞれ署名し、今後の抱負を語った。

 田中社長は「昨今のデジタルトランフォーメーションの流れの中で、情報工学を専門的に学んだ学生の価値は高まっており、情報工学に力を入れている九州工業大学との連携は大変うれしい」と強調。学生には実践的な技術が必要になっていると指摘した上で「事業者が教育にコミットできる価値も非常に大きい。社会の役に立つ包括連携となればいい」と期待を寄せた。尾家学長は、同大が産学連携を重視しているとし「包括協定で、さくらインターネットとの組織的な連携を深め、多様なチャネルを通して持続的に発展できる関係を作り上げたい」と意欲を示した。