エンドポイントセキュリティ製品を提供するディープインスティンクトは9月7日、記者会見を開き、2020年10月に設立した日本法人の現状などを説明した。設立以降、販売パートナーの開拓が順調に進んでいることや、大手企業での採用事例も出てきたという。
 
並木俊宗 カントリーマネージャー

 同社が販売する「Deep Instinct」はディープラーニングを利用してサイバー脅威を予測し防御するエンドポイントセキュリティ製品。並木俊宗・カントリーマネージャーは「セキュリティ製品にディープラーニングを活用したのは当社が初。他のセキュリティ製品で用いられる機械学習と比べ、高精度な予測が可能なことや誤検知が少ないのが特徴だ」と説明する。パターンファイルの更新のような定期的なアップデートの必要がないため、運用面の負荷も少ないとしている。