アリババクラウドは、日本のスタートアップ企業の支援を目的とした「AGT(Accelerate Growth Together)プログラム」を9月9日に発表した。
 


 AGTプログラムは、無料のクラウドコンピューティングリソース、技術支援、ベンチャーキャピタル・ネットワークと、アリババグループがもつリソースへのアクセス、ビジネスコンサルテーション、共同マーケティングの機会など、包括的に支援するもの。

 アジア太平洋地域でのデジタル人材の育成を支援するアリババクラウドのプログラム「Project Asia Forward」の一環として提供する。クラウドコンピューティングリソースの提供を通じて、今後3年間で5000社以上の日本のスタートアップ企業の支援を目指している。対象企業は、すでにエンジェル投資家からの出資を受けており、年間売上金額が50万米ドル(約5500万円)以下の未上場企業となる。

 AGTプログラムの主なサポート内容は、アリババクラウドの各種クラウドコンピューティングリソースの購入で利用できる最大2万米ドル分のクラウドクレジット(Cloud Credit)のほか、構築、移行、評価に関する技術サポートとコンサルティングを無料で受けることができる。

 アリババクラウドのパートナーとなり、ソフトウェアや開発ツールをオンラインで購入・販売できる「アリババクラウド・マーケットプレイス」に出品することで、アプリケーションやツールの販売を促進できるほか、日本とその他のアジア市場で、アリババグループ内のEコマースや決済ソリューションなど事業部とのコラボレーションの機会を創出できる。

 マッチングイベントやスタートアップコンテスト(Create@Alibaba Cloud など)への参加やアリババのグローバルなベンチャーキャピタル・ネットワークにアクセスし、日本やその他のアジア市場で資金調達の機会を得ることができる。

 また、クロスボーダーや地域横断の事業開発に関するビジネスコンサルテーションや技術サポートを受けることができるほか、アリババクラウドと共同で開発したソリューションの販売を促進する共同マーケティング活動を行う機会を得ることも可能だ。

 さらに、定期的に開催されるスタートアップ・ミートアップ・イベントのほか、アリババクラウドの知見を共有し合う開発者コミュニティー「AliEaters(アリイーターズ)」への参加も可能で、最新のクラウド製品、市場動向、業界規制やコンプライアンス、ケーススタディの情報共有など、定期的な無料オンライン・トレーニングやウェビナーにも参加できる。