アリババクラウドは、オリンピック放送機構(OBS、Olympic Broadcasting Services)と協業で東京2020オリンピック競技大会(東京2020大会)期間中に、五輪で史上初の放送権を有する各国のライツホルダー(放送権者)に向けたクラウドベースのサービス提供を支援している。アリババグループのクラウドプラットフォーム上で構築した「OBSクラウド」を活用し、新たなコンテンツ配信モデルを実現している。


 OBSクラウドは、クラウド上で運用されている放送ソリューション。ウェブベースのインターフェースを介してビデオクリップを入手できるフルサービスに加入している放送権者と通信社は、世界中のどこからでも数千にわたるビデオクリップにアクセスでき、東京2020大会における各報道に活用することが可能となる。東京2020大会期間中、約7000~9000の短編コンテンツがOBSの「Content+」クルーによって制作が予定されている。

 また、放送権者はContent+を通じてOBSが制作する全ての関連コンテンツにアクセスが可能。低解像度のファイルをほぼリアルタイムで簡単に閲覧できるほか、世界中のどの拠点からでもコンテンツが入手できる。加えて、ライブ中継コンテンツにアクセスできるため、試合が行われている最中にコンテンツの一部に印をつけたり、コンテンツをダウンロードして自社のポストプロダクション向けに使用したりが可能となっている。