東芝テックが、販売パートナーとしてタブレットPOSレジ「ユビレジ」の取り扱いを9月13日に開始した。


 ユビレジは、基本的なレジ機能に加え、複数店舗の売り上げや会計単価、客数などを一括管理できる。店舗ごとの課題や経営状況を簡単に把握することができ、複数の会計ソフトや経営管理システムとも連携しているため、個店や数十店舗以上を経営する大型企業などでも多く活用されている。

 また、今年2月から東芝テックが展開している「スマートレシート」との連携機能も搭載している。紙のレシートを電子化することで環境に配慮した会計スキームを実現すると同時に、店舗スタッフと消費者との接触機会を減らし、新型コロナウイルス感染リスクの軽減も図ることができる。