アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWSジャパン)は9月6日、「クラウドに係るコスト最適化」に関する説明会を開催し、NTTドコモがAWSジャパンが提供するコスト最適化フレームワークを活用したコスト削減の実践術を披露した。

 AWSジャパンの佐藤有紀子・事業開発統括本部統括本部長は、移行段階で思ったほどのコスト効果を実感できないことや、コスト最適化を限られたチームでしか実践できていないことが顧客の課題になっていると指摘した。課題解決に向けた支援策としては、主に移行後のコスト最適化を支援する「Cloud Financial Management(CFM)」と、組織横断的に持続的なコスト最適化を支援する「Financial Hackathon(FinHack)」(いずれも昨年4月に提供開始)を示した。

 NTTドコモの伊藤孝史・ネットワーク本部サービスデザイン部部長は、現在、200を超えるサービスをAWSの基盤で展開しているとし、コストの管理や社員への意識づけに加え、プロジェクトごとの対策のばらつきを問題点として挙げた。
 
NTTドコモの伊藤部長(左)とAWSジャパンの佐藤統括本部長