マネーフォワードとオリエントコーポレーション(オリコ)は、個人事業主・法人向けの事業用プリペイドカード「マネーフォワード ビジネスカード」の提供を9月22日に開始した。


 事業用クレジットカードは、個人事業主や中小企業などで利用ニーズがある一方、「審査が通らない」「利用限度額が少ない」などの声が挙がっている。また、取引明細を取得するまでに時間がかかるため、月次決算の遅れにもつながる。加えて、従業員の経費利用では現金や従業員の個人カードによる経費の立て替えが依然として多く利用されており、立て替え経費の精算に工数を要している。

 また、会社の預金口座から直接引き落とすことができる会社名義のカードを従業員に配布する場合でも枚数が限られ、カードを複数人で共用することで利用履歴が把握しづらくなったり、カード単位の上限設定ができないことで不正利用につながったりする、といった課題があった。

 今回、こうした課題を解決するため、与信審査不要でのカード発行、取引データのリアルタイム取得、発行上限の撤廃、カードコントロール機能を備えたマネーフォワード ビジネスカードを提供する。

 マネーフォワード ビジネスカードは、商品の購入や支払いができる事業用のプリペイドカード。与信審査不要で、従業員や部署、利用目的に応じて、リアルカードやバーチャルカードを何枚でも発行でき、利用制御機能による決済上限金額の設定も可能。また、1取引当たり最大5000万円の決済が可能で、「マネーフォワード クラウド」と連携することで、リアルタイムで取引データを取得し、記帳や経費精算業務の際の手入力作業を大幅に削減するなど、会計業務の効率化を実現する。

 なお、同サービスではマネーフォワードが会員募集やカード発行と会員の照会業務などの顧客管理・審査・システム運営を行い、オリコがVisaブランド対応を行う。