サーバーワークスは、「AWSファイルサーバー移行サービス」を9月22日にリリースした。

ファイルサーバー移行サービス

 ファイルサーバー移行サービスは、顧客の要件に合わせて適切なストレージサービスを選定し、データ移行やその後の運用までサポートする。オンプレミスよりも半分以下の調達時間で、柔軟な容量コントロールや冗長化にかかるコストや管理コストを大幅に削減する。

 同サービスでは、現行状況の把握と要件の明確化のため、対象のデータ容量、ファイル数やバックアップ方式、ネットワーク経路などについてのヒアリングを実施。AWSで実現するファイルサーバー構成と、データ移行方式を提案する。

 また、タスク、スケジュール管理といったプロジェクトマネジメント、環境構築、データ移行の支援、切り替え作業の支援を実施する。さらに、安定運用、継続的な最適化のため、運用代行、拡張や構成変更に関するスキルトランスファー、構成最適を目指した継続的な提案を行う。

 同サービスを利用することで、冗長化やバックアップが容易になり、ストレージの容量を柔軟にコントロールすることが可能となるため、運用担当者の負担を軽減できる。