ディー・ディー・エス(DDS)は、次世代オンライン認証規格FIDO(Fast IDentity Online)に対応したクラウド本人認証「マガタマサービス」をダイワボウ情報システム(DIS)のサブスクリプション管理ポータル「iKAZUCHI(雷)」で9月29日に販売を始めた。


 マガタマサービスは、サービス利用時の認証をパスワードレスを実現するFIDO認証に置き換え、本人確認の強化を図るとともに、クライアント証明書機能によるデバイス制限により、ユーザーとデバイスの両面からクラウドサービスアクセス時のセキュリティ向上を可能にするもの。

 今回、DISが販売店向けに提供するソフトウェアライセンス契約管理のプラットフォームであるiKAZUCHI(雷)での取扱開始でマガタマサービスを展開する販売パートナーはユーザー企業の多様化するサブスクリプション型のクラウドサービスのニーズへの対応とともに、契約者を一元管理することが可能となる。