クオリティソフトは、SaaS型PC操作ログソリューション「ISM LogAnalytics」を10月26日にリリースした。

ISM LogAnalytics

 ISM LogAnalyticsは、市場のPC操作ログに関するさまざまな課題や要望を実現するためにサービス内容を一新してリリースする。クラウドに7年分のログ保管と検索が可能となり、ログ分析レポートとして可視化による異常値の発見を実現。また、TeamSpiritなどのクラウド型勤怠管理サービスとの連携で勤怠情報と操作ログを突き合わせたビジュアルレポートを提供する。

 具体的には、操作ログを収集するPC台数にかかわらず最大7年間分のデータをクラウドに収集し、そのままの状態で保管して、その全てのログを対象に検索することを可能とした。22年4月の個人情報保護法の改正により個人の権利利益を害するおそれが大きい情報漏えい時の場合、報告義務が追加される。ガイドラインによると対象事案発覚から5日以内に速報、30日以内に詳細となる確報を個人情報保護委員会と本人へ提出する必要がある。この報告資料を作成するために有効となる。

 最大7年分のログデータを対象にした各種検索に加え、検索対象期間を動的に移動できる「セキュリティ」「ワークバランス」といったグラフィックレポートを実現した。ファイルの印刷、持ち出し、メール添付、アップロードの単位でランキング表示する。週単位でスライダーを移動させることでランキング表示された棒グラフが変化する。スライダーの移動により、いつも登場しないユーザーによる操作の棒グラフが異常値として表示される。このユーザー操作を棒グラフをクリックすることで異常値の検証を可能とした。

 同社が提供しているオンプレミス型クライアント操作ログ製品「QND ClientLog」で企業内のサーバーに蓄積されたログデータをISM LogAnalyticsに取り込むことが可能で、クラウド移行後に過去ログとして同様な検索やレポートを利用できる。さらに、他社のログシステムからログ取り込みも可能とし、過去ログとして同様な検索やレポートを利用することができる。