ラネクシーは、クライアント操作ログ管理サービス「MylogStar Cloud」をリリースした。これまではオンプレミス版のみで展開してきたが、ユーザーからクラウド版を望む声が多く寄せられたことを受け提供に踏み切った。管理サーバーの設置は不要で、すぐに導入、運用ができることや、1エージェント単位の月額サブスクリプションにより小規模環境でも利用しやすいことなどをアピールし、メインターゲットとなるSMBの顧客獲得を目指す。

精密な操作ログを取得し競合と差別化

 同社は、2007年10月にクライアント操作ログ管理ソフトウェア「MylogStar」を発売。操作ログ管理機能に加えて、監査証跡管理機能、デバイス制御やアプリケーション起動制御などによる情報漏えい対策、問題発生時の原因究明・拡散防止を容易にする追跡機能などを提供している。大規模環境には管理サーバーでログを一元管理する「集中管理型」、小規模環境向けにはPC1台から対応する「スタンドアロン型」などを展開し、大手金融機関や自治体などさまざまな業種で利用されているという。
 
(左から)古川伸一・取締役、猪狩大介・部長

 今回、クラウド型サービスの「MylogStar Cloud」をリリースした背景について、同社取締役の古川伸一・第1営業本部長は「企業のシステム全体がクラウド化する中で、操作ログ管理もクラウドにしたいという声が増えてきた。加えて、新型コロナ禍でリモートワークが普及したことで、中堅中小企業でも管理する端末が増加し、操作ログ管理への関心が高まっていることからニーズに対応した」と説明する。

 操作ログ管理は、専用ツールだけでなくIT資産管理ツールの機能の一環でも提供されるなど、競合が多い。同社は差別化のポイントとして「他社の操作ログ管理製品はOSとアプリケーションの間のログを取得しているが、MylogStarはOSのカーネルレベルでログを取得しているため、精密なログや他のログ管理製品では取得できない操作を把握できる。精密なログでなければ分からないセキュリティ上の課題も少なくないため、大きな強みだ」と古川取締役は強調する。