ニュース

マクニカとエムオーテックスが協業、「Splunk × LANSCOPE Original App」を開発

2021/11/17 10:00

 マクニカ ネットワークス カンパニーは、エムオーテックスと協業し、米Splunkの「Splunk Enterprise」を活用した「Splunk × LANSCOPE Original App」を開発した。

Splunk × LANSCOPE Original App

 Splunk × LANSCOPE Original Appは、エンドポイントセキュリティを提供するエムオーテックスのLANSCOPEと、マシンデータを元にセキュリティインシデントの検知・調査・分析を実現するSplunkを組み合わせ、LANSCOPEから吐き出される各種PC操作ログをSplunkでダッシュボード化することで、労務可視化、内部不正対策、ソフトウェア脆弱性対策を実現する。

 標準Appとして提供する「労務可視化」では、従業員のPC操作ログを収集し、ウェブブラウザー、メール、スクリーンセーバー(放置時)、Officeアプリ、エクスプローラー(ファイルを探している時間)など、それぞれの利用割合や利用時間を可視化する。ダッシュボードは、個人単位とグループ単位で変更することができる。

 有償Appの「内部不正対策」では、組織内の重要情報の外部への持ち出し、外部デバイスへの書き込み、外部へのアップロード、印刷、メール添付など、不正が疑われる行為を視覚的に管理することができる。アラートを設定しておくことで、管理者に通知を飛ばすことも可能。また、万が一持ち出しが発生した場合、誰が、いつ、どの方法で、どこに、何を持ち出したか、行動をさかのぼることで影響範囲を特定することができる。

 有償Appの「ソフトウェア脆弱性対策」では、自社がもつIT資産全体の管理と、各ソフトウェアの脆弱性の有無、対象のバージョン、該当アプリケーションのインストール端末などを可視化することができる。

 価格は、標準Appの労務可視化が無償、有償Appの内部不正対策とソフトウェア脆弱性対策は各70万円からとなる。

関連記事

ペンド・ジャパン マクニカと日本初の一次店契約 ソフトウェア定着支援ソリューションの市場開拓

エムオーテックス 「LanScope Cat」などをリブランディング クラウド型資産管理サービスの販売強化へ

ディストリビューターサミット SB C&S、シネックスジャパン、ダイワボウ情報システム、ネットワールド、大手4社のトップが集合

外部リンク

マクニカ=https://www.macnica.co.jp/

エムオーテックス=https://www.motex.co.jp/

おすすめ記事