エムオーテックスは資産管理ソフト「LanScope Cat」と資産管理・MDMサービス「LanScope An」をリブランディングし、新ブランド「LANSCOPE」を7月5日から展開している。LanScope Catが「LANSCOPE オンプレミス版」、LanScope Anが「LANSCOPE クラウド版」に製品名を変更した。これまでは、LanScope Catを大手企業中心に導入してきたが、クラウド型資産管理サービスの提供を本格的に開始することで中堅・中小企業での利用拡大を見込む。

 クラウド版の提供について、マーケティング本部の池田淳・本部長は「企業のクラウド化が進む中で、資産管理もクラウドにしたいという声が年々、増えてきた。昨年、ニーズに対応するためLanScope AnのPC管理機能を大幅に強化した」という。「ただ、LanScope AnはMDMとしてのイメージが定着していることもあり、資産管理サービスとして認知してもらう必要があったことから、LanScope Catと合わせブランドを一本化した」としている。