エプソン販売は、クラウドサービス「Epson Connect」を使用し、在宅勤務時の印刷履歴をエプソンのポータルサイトで把握できる新サービスを開発、2022年2月にサービスを開始する。ユーザー企業は、印刷ファイル名、印刷枚数、用紙サイズ、カラー/モノクロなど、従業員による印刷情報の把握が可能。自宅での印刷におけるセキュリティ向上に加え、業務効率化につながる。
 

新サービスのイメージ

 サービスでは、Epson Connect経由で自宅に設置した対応プリンタに印刷。専用プリンタドライバーによって印刷ログを取得できるため、セキュアな印刷環境を実現する。エプソン販売が在宅勤務の印刷状況を調べたところ、従業員1001人以上の企業で自宅でのプリンタ利用が認められているのは42%と半数に及ばず、従業員の印刷環境が整っているとはいい難いという。従業員の印刷履歴を企業側が把握できず、印刷監視できないといったセキュリティ上の課題も分かったとのことだ。そこで、新サービスの開発に踏み切った。