ウイングアーク1stは、電子帳簿保存法(電帳法)に対応する請求書のペーパーレス化に向けて文書活用ソリューション「SPA Cloud」を配送代行・緊急配送・国際輸送を手掛けるロジクエストに提供した。
 

月報兼請求書の管理フロー

 ロジクエストは、業務効率化を目的とした全社のDX推進プロジェクトの一つとして、各種帳票のペーパーレス化に取り組み、2022年1月に改正を控える電帳法への対応を模索。「JIIMA認証を取得しており、費用面で負担の少ないクラウド型のシステムであること」「請求書の項目をデータ化し、電帳法対応に必要な要件を満たした電子保管ができること」「ユーザーインターフェースの使いやすさ」などをポイントにSPA Cloudを導入した。

 SPA Cloudの導入によって、月報兼請求書の管理フローは、「各支店で受領した月報兼請求書の電子データを社内の共有フォルダーに集約」「担当者がチェックの上、SPA Cloudへ一括アップロードするための監視フォルダーに移動」「SPA CloudがOCR処理を行いデータ化、タイムスタンプを付与した電子文書を保管」を実現。月7000枚における月報兼請求書のペーパーレス化に加えて、月報兼請求書の紙保管に使用していた倉庫保管に伴うコストを削減できたとしている。