オービックビジネスコンサルタント(OBC)は10月13日、パートナー向けのイベント「OBCパートナーカンファレンス2021」で、パートナーのデジタルマーケティング施策を後押しする新しい支援策を発表した。デジタルで顧客接点を強化しながらビジネス機会を創出し、パートナーが得意とするリアルの営業活動につなげていくことが狙い。

 OBCが新しい支援策を打ち出した背景には、コロナ禍でパートナーのビジネス環境が変化していることがある。OBCによると、パートナーは、これまで対面を主軸にビジネスを進めてきたが、ITの導入・検討のプロセスはデジタル化が進み、顧客との対面の接点が減少している。また、市場で業務のデジタル化に向けた動きが広がる中、それに合わせて業務システムのリプレース需要が活性化つつあり、新規顧客の獲得にはデジタルテクノロジーを活用した提案手法の重要性が増している。

 こうした状況を受け、OBCは、今後もパートナービジネスを拡大していくためには、デジタルとリアルを組み合わせた仕組みが必要と判断。制度改正のポイントをはじめとする情報提供のネタ作りやメール配信、フォローアップの準備など、パートナーが顧客とのデジタルな接点を強化するためのプロセスを網羅的に支援することを決めた。