サイオステクノロジーは、クラウド型ワークフローシステム「Gluegent Flow」「Gluegent Flow Plus」と弁護士ドットコムのWeb完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」を連携した「電子契約連携 for クラウドサイン」の提供を12月9日に開始した。

認証連携イメージ

 Gluegent Flowは、申請・承認・決裁といった一連の業務をクラウド化したワークフローシステム。PCブラウザーに加えスマートフォンでの申請状況の確認、ワークフローの申請・承認・決裁業務が可能。また、データ容量の制限がなくさまざまなサービスとの連携やAPIによる自動処理が行える。

 Gluegent Flow Plusは、Gluegent Flowのアカウント・組織管理とログイン認証、アクセス制御をIDaaSサービス「Gluegent Gate」を用いて運用利便性と安全性を強化した上位製品。使用環境の制約がなく単独での使用が可能。また、アカウント・組織の管理や認証セキュリティに加え多要素認証にも対応し、場所を選ばず申請・承認・決裁業務が行える。

 今回、これらのサービスとクラウドサインを連携した電子契約連携 for クラウドサインにより、契約の決裁から押印・保管までを一気通貫にクラウド環境で管理できるようになる。これによって、ワークスタイルの影響を受けず迅速な契約処理を可能にし、契約管理業務の負荷を削減。契約にかかる業務プロセス全体のデジタル化を通じて、企業のDX推進と利便性向上を実現する。