ミロク情報サービス(MJS)は、会計事務所向けERPシステム「ACELINK NX-Pro 会計大将」の新機能「AI仕訳」「AI-OCR」の提供を12月20日に開始する。

新機能「AI 仕訳」「AI-OCR」

 AI仕訳は、「仕訳の自動化」をコンセプトに銀行口座やクレジットカードなどの取引明細データ、他社サービスとの連携による電子請求書、POSレジなどの各種取引データを自動で取得し、AIや仕訳辞書を利用して仕訳データを作成する機能。今年9月に中堅・中小企業向けクラウド型ERPシステム「MJSLINK DX 財務大将」のオプション機能として提供を開始し、今回新たに、ACELINK NX-Pro 会計大将でも提供する。

 MJSが開発したAIエンジンによる仕訳の提案機能を搭載し、取得した取引データに記載された「連携先」「取引内容や品目を指す文字列」「取引金額」を使用。仕訳学習モデルの中から最も類似しているとみなした仕訳の提案を行う。また、取引内容が同じ場合でも、取引データの取得先や入金・出金データを区別し、適用する仕訳のルールを細かく設定でき、条件に従い自動で仕訳データを作成する。

 AI-OCRは、スキャンした通帳やレシート、領収書(手書き含む)などの画像を取り込みAI-OCRエンジンによる解析後、仕訳元データとしてAI仕訳にデータ連携する機能。印字されたレシート・領収書などについては縦書き横書きがともに読み取り可能で、手書きの場合は、横書きの領収書のみ読み取ることができる。

 証憑読み取りに際して、アプリケーションをインストールすることで、使用しているパソコンのローカルフォルダーにレシートや領収書、通帳の画像・PDFファイルを格納後、自動的にAI仕訳にデータをアップロードすることが可能。顧問先企業にインストールを行うことで、証憑の引き渡しから解析までをオンライン上で実行でき、会計事務所と顧問先企業の証憑データのやり取りや記帳業務にかかっていた手間と工数の大幅な削減が実現できる。