富士通は、最先端のデジタル技術やノウハウの習得に向けてグローバルに共通した教育プログラムをオンラインで展開する「Global Strategic Partner Academy」を開始する。デジタル人材不足の解消が目的。
 

今回の取り組みで目指す主なSDGs

 Global Strategic Partner Academyは、同社の戦略的なテクノロジーパートナーのServiceNow、SAP、Microsoftの3社の協力のもとで実施するプログラム。具体的には、3社のサービスの専門知識やノウハウ習得の機会を教育プログラムとして用意し、それぞれのサービスのデリバリー強化だけでなく、複合的に組み合わせて提供可能な技術者の育成を目指す。

 同プログラムでは、最先端のテクノロジーやノウハウを身に付けた人材のさらなる増加を目指し、ビジネスプロデューサーやデリバリー担当者などの同社人材のスキルセットやレベリング、キャリアフレームワークをグローバルで定義する。その上で、各人材に必要なスキルや専門知識を習得可能な教育プログラムを標準化し、新規雇用者も含めた世界中の従業員に向けてオンラインで展開。これにより、グローバル規模で最先端のデジタル技術やノウハウを保有する人材の増加を図る。

 また、このプログラムは知識を基にした人材の育成や認定に加えて、顧客対応に向けて経験を積める実践的なプログラムを定期的に実施。キャリアも含めて従業員をサポートする、同社のビジネスを支えるための長期的なアプローチとなる。