ラネクシーは、アクティファイのシステム/データ保護ソリューション「ActiveImage Protector 2022-RE」を1月12日に発売した。同社販売代理店経由で販売し、出荷開始は1月19日を予定している。


 ActiveImage Protector 2022-REは、サーバー/クライアント向けの物理・仮想環境両方で使えるイメージバックアップツール。ハードディスク全体をセクターコピーにより、システム、アプリケーション、データを丸ごとバックアップし、イメージファイルとして保存する。システム障害などの際には、ファイル、フォルダ単位での復元、OSを含めた全ての復元を簡単に一括処理で行うことができる。バックアップ元が故障している場合には、別の物理マシンや仮想マシンに復元することもできる。

 今回リリースする最新版では、バックアップの保存先として、従来のローカルストレージに加え、クラウドストレージへの直接バックアップと、そのクラウドストレージからリストアができる機能を搭載した。また、バックアップの保存先として、新たにLTOテープ装置もサポート対象に追加している。

 これにより、企業にとってはシステム/データのバックアップ保存先の選択肢が増え、運用の効率化を実現できるとともに、ランサムウェアなどのサイバー攻撃に対しても強固なデータ保護が可能となった。

 さらに、特定のファイル、フォルダ単位でバックアップ/リストアができるようになったため、重要な個別ファイルだけをバックアップすれば十分という環境の場合は、大幅に時間を短縮し、運用負荷を軽減できる。

 ライセンスの提供方法については、従来の永続ライセンスに加え、サブスクリプションライセンスの販売を新たに開始することで、企業が初期コストを抑えてバックアップシステムを導入できる選択肢を用意した。