ダイワボウ情報システム(DIS、松本裕之社長)は昨年11月22日から26日までの4日間、販売パートナーなどを対象にしたオンラインイベント「DIS WORLD Digital Days 2021 Vol.2」を開催した。

 同社は毎年夏、全国各地を巡業する形態で年次イベントの「DISわぁるど」を開催してきたが、2020年は新型コロナウイルス感染拡大を受けて中止に。21年2月に初の試みとしてオンライン版を開催し、今回はその第2弾。テーマは、コロナ禍の先を見据えてデジタルトランスフォーメーション(DX)に向けた準備を行う「DX-Ready」で、「クラウド」「セキュリティ」「コラボレーション」「デジタル」の4カテゴリに分けてITソリューションや事例の紹介が行われた。

 各日行われた基調講演では、DXによって社会にどのような変化がもたらされ、中堅・中小企業とそれらにITを提供するベンダーの役割がどう変わるか、識者が解説した。
 
基調講演を行ったデジタル庁の津脇慈子企画官

 2日目にはデジタル庁の津脇慈子・企画官が登壇し、「誰一人取り残されないデジタル社会の実現」を目指す同庁の取り組みを紹介。津脇企画官は、DXが求められる背景として、ビジネス環境の不確実性が高まっていること、生産年齢人口の減少が続き人手不足が恒常的な課題となっていることを挙げる。