日本ネットワーク技術者協会は、「Pythonとネットワークの自動化基礎検定ベータ試験」を2月27日に実施する。同協会のPythonアドバイザーである寺田学氏が試験問題の出題範囲の策定と試験問題のレビューを行い、寺西祐樹氏が試験問題を作成した。
 


 現在、Python求人のうちネットワーク関連の求人が全体の4割を超えるようになっている(Indeed Japan 2022年1月集計)。これは、ネットワークの自動化などでPythonが中心的な技術の一つとして利用されていることと、人材育成の需要が高いことを示している。そこで、ネットワークの自動化を学習するエンジニアの人々に正しい知識と文法の理解度をチェックするための「Pythonとネットワークの自動化基礎検定」を8月に本試験を開始する。

 この本試験に先立ち、ベータ試験を2月27日に実施する。主な対象者は、配属前から配属3年目程度のネットワークエンジニアでネットワーク自動化の構築・運用を担当する人。判定基準は、出題範囲に記載された基礎的な用語知識を持ち、出題範囲に関連する基礎的な文法知識を有すること。ベータ試験だが、合格者は本認定となる。

 試験会場はコワーキングスペース茅場町Co-Edo。試験時間が60分、設問数が40問(80問からランダム出題)、合格基準が7割正解となっている。受験料金は1万1000円。

 なお、認定スクールであるCTCテクノロジーが提供する「Pythonによるネットワーク運用自動化入門」コースは出題範囲と重なっている部分が多く、受験前に研修を受けることを推奨している。また、1月25日にオンライン開催でされる「Yamaha Network Innovation Forum 2022」(参加無料)で、同試験の解説を行う。