バッファローは、無料のリモート管理サービス「キキNavi」で利用できる、法人向けNAS「TeraStation(テラステーション)シリーズ」の設定情報や、データのバックアップをクラウド上に保存することができるオプションパック「キキNavi クラウドバックアップ ライセンスパック(OP-KCBシリーズ)」を2月中旬に発売する。契約年数は1年、3年、5年を用意。容量は、それぞれ1TB、3TB、5TBの3種類、計9商品を展開する。


 新商品は、大容量・大量のファイルを保存することができるTeraStationに最適なクラウドバックアップサービス。自然災害などによるシステム障害対策に対し、例えば複数拠点がなくても遠隔地バックアップの選択肢としてクラウドストレージを活用することができる。また、バックアップ機器自体のメンテナンスも不要となるため、管理工数の削減が可能となる。

 ユーザーが必要なフォルダーのみを共有フォルダー単位でバックアップ・復元することができ、クラウドストレージの効率的なバックアップ運用を実現する。データだけでなくユーザー・グループ・アクセス権限など、設定情報も合わせてバックアップ・復元できるため、TeraStationを再設定する手間を削減する。

 さらに、リモート管理サービスのキキNaviを利用することで、遠隔地からクラウドバックアップの設定管理や進捗確認が可能で、保守管理担当者は現地訪問などの工数を削減できる。

 価格は、1年契約の1TBが3万6300円、3TBが10万6700円、5TBが17万2480円、3年契約の1TBが10万6700円、3TBが31万3720円、5TBが50万6880円、5年契約の1TBが17万2480円、3TBが50万6880円、5TBが81万9060円。