ニュース

物流や監視向けなど市場活性化へ、KDDIとJALがドローン事業で協業

2022/02/16 16:42

 KDDIがドローン事業の地盤固めを進めている。同社は2月15日、日本航空(JAL)と協業し、空のドローン運航管理を強化することを明らかにした。JALの航空安全技術をKDDIの運航システムに適用し、ドローンの衝突回避など安全な飛行環境を構築する。2022年にドローン飛行制約を緩和する法施行(レベル4飛行)が予定されていることから、KDDIの松田浩路・執行役員事業創造本部長は「レベル4飛行を起爆剤と考えている」と長期的な事業拡大に意欲を示した。
 
JALの西畑智博・常務執行役員(左)、KDDIの松田浩路・執行役員(中央)、
KDDIスマートドローンの博野雅文社長

 今年1月、KDDIはドローン事業を継承する連結子会社「KDDIスマートドローン」を4月1日付で設立すると発表済み。24年度にはドローン関連事業全体で売上高100億円を掲げており、新たにJALと協業することで事業を加速する。KDDIは大手企業などとの窓口をKDDI側の部門が担当しながら、KDDIスマートドローンと連携する方針だ。

 KDDIの松田執行役員は「昨年度のドローン事業の売り上げは約8億6000万円。今年度はおよそ倍増する見通し」と手応えを感じている。民間研究所の調査も引用し、国内のドローンサービス市場が20年度の828億円から25年度には4361億円と、約5.3倍に拡大するとした。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

KDDI バンコクにインターコネクションDC建設 東南アジアでの事業展開を加速

都市連動型メタバース向上へ、KDDIがベンチャーファンドで「AVATARIUM」運営のPocket RDに出資

JALとNECなど、映像分析や生体認証で安全で快適な旅行体験で協業

外部リンク

KDDI=https://www.kddi.com/

日本航空=https://www.jal.com/ja/

おすすめ記事