日本航空(JAL)とNECは9月4日、デジタル技術を活用したNew Normal時代の安全で安心な旅の実現に向けた協業したと発表した。

「南紀白浜IoTおもてなしサービス実証」Webページ

 今回の協業では、NECが19年1月から南紀白浜エアポートなどと南紀白浜で行っている「IoTおもてなしサービス実証」にJALが参画し、映像分析や生体認証を活用した実証実験を実施する。JALはこの取り組みによって、待ち時間を感じさせないストレスフリーな顧客の旅行体験の提供を、NECは生体認証データを活用して安全で快適な旅行体験の実現を目指す。

 実証実験は、9月4日から第1弾「南紀白浜空港における笑顔写真撮影サイネージ」を実施し、10月末から第2弾「南紀白浜空港における手荷物待ち時間可視化サイネージ」と第3弾「羽田空港初の顔認証による手ぶら決済」を実施する予定。

 第1弾では、搭乗までの時間を楽しんでもらうために、ディスプレイの前に立つと記念撮影を楽しめる笑顔写真撮影サイネージを南紀白浜空港の搭乗待合室に設置する。笑顔を採点する機能もあり、点数に応じて変化するオリジナルのフォトフレームで撮影がより楽しめる。また、IoTおもてなしサービス実証に登録している顧客は、顔認証システムにより、登録しているメールアドレスに写真データを送信することができる。

 第2弾では、南紀白浜空港の手荷物受取所に設置した液晶ディスプレイのカメラで個人を認証し、IoTおもてなしサービス実証に登録されているJALマイレージバンク会員のステイタス情報に基づき、顧客から預かった手荷物の返却予定時刻をアニメーションでわかりやすく案内する。予定時刻の案内により、返却開始までの時間を有効に利用できる。

 第3弾では、南紀白浜地区で実施している顔認証によるキャッシュレスで非接触な手ぶら決済を羽田空港でも利用可能とする。JALUXエアポートが運営する空港店舗「BLUE SKY」の22番ゲートショップで、IoTおもてなしサービス実証に登録されている決済情報をもとに、搭乗前に財布代わりに「顔」で買い物をすることができる。羽田空港での顔認証決済は初めての取り組みとなる。

 今後もJALとNECは、デジタルを活用した技術の検証をさらに進め、安全で安心な旅行体験を実現していく考え。